NEWS

宮脇檀・村野藤吾 他 建築書を宅配買取致しました!

東京のお客様より建築関連書籍を宅配買取させて頂きました。
お譲り頂いた本の中には建築家 宮脇檀さんの書籍がいくつかございました。
宮脇檀と言えば、当店がある名古屋市出身の建築家としても有名です。

宮脇檀
洋画家 宮脇晴とアップリケ作家の 宮脇綾子の子として愛知県名古屋市で生まれる。
1954年には東京芸術大学へ入学、岡田捷五郎、吉田五十八、吉村順三のもとで学んだのち東京大学大学院へ進学、在学中には石津健介の依頼で帝人メンズショップの設計を行い、その設計料で車を買って2か月かけて日本一周。旅の中で全国の集落を見てまわり、その美しさに感激。 その事をキッカケに単体の住宅ではなく、住宅の集合の在り方、街並みとしての景観の作り方、コミュニティーの在り方、車と歩行者の共存を考え、クルドサック、ボンエルフなどの考え方を取り入れた事で知られています。

※クルドサックとは、住宅地における宅地割りの際に袋小路状の道路を造るものである。フランス語で袋小路を意味する。
※ボンエルフとは生活道路において、車道を蛇行させるなどして自動車の速度を下げさせ、歩行者との共存を図ろうとする道路のこと。

代表的な建築作品にコンクリートと木の混構造のボックスシリーズがあり、「松川ボックス」は1979年に第31回日本建築学会賞作品賞を受賞。
混構造についての著書も出版されています。

当店は東海建築家協会誌にも掲載された建築書に強い古本屋です。
建築書など専門書の買取は是非当店へお任せください。
他にも美術・写真・デザイン・工芸などの分野も強化買取中です。